Rの法則

ひたすら「慣れないこと」をするべき

更新日:

このまま行けばジリ貧になるのは見えてるけど
周囲にまったく危機感がない。

伸びてるうちは仕入れも増えるので
お金が無くなるけど、諦めた瞬間に
キャッシュが増えだす。

それは最後の花火みたいなもんだけど、
経営者はその時に次のビジネスの種を
探さないといけないんですよ。

このままじゃダメだ!と息巻いても
周囲は現状に満足してしまってる。
そしてお金が尽きた時はもう手遅れ。

こんな時は今の延長線上で
やっても何も変わらない。
「ナナメ上」からの情報が必要です。

欲しいのは手堅く稼げる副収入じゃなくて、
あの時のように直角に伸びる新しいビジネス。
そうじゃなきゃ、心が燃えなくなってる。

守破離で言えば「離」のタイミング。

情報源は私じゃなくてもいいし、
同じ所で同じ情報を取るんじゃなくて、
別のことをしなきゃいけない。

失敗もするだろうし、お金も溶かすけど、
ひたすら「慣れないこと」をするべきです。

私もシリコンバレーに行ったり、
タイに行ったり中国に行ったり、
アフリカに行ったり、
シンガポールに移住したり、
今までと違うことをしてきました。

シンガポールの物価の高さに
彼は驚いていたけれど、
いつもの場所で工夫をした所で
たかが知れてるんです。

私達は、青天井に伸びるビジネスを
やらなきゃ、やってる意味がない。
単純作業は自分じゃなくても別にいいよね。

変わろうとする勇気がないヤツは、
一発屋で終わっていくんですよ
それを、暗に示しました。

吉田さん

-Rの法則

Copyright© R-NEWYORK.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.