R芸術

『 Wesley Anderson | ウェス・アンダーソン 』

投稿日:

 

『 Wesley Anderson | ウェス・アンダーソン 』

ウェス・アンダーソン(Wesley Anderson, 1969年5月1日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー、脚本家、俳優。テキサス州ヒューストン出身。

経歴
1969年5月1日、テキサス州ヒューストンに生まれる。父親は広告業界で働いており、母親は元考古学者で不動産ブローカーだった。母親のテキサス・アンは、自身が2001年に製作した『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』に登場するアンジェリカ・ヒューストン演じるエセル・テネンバウムのモデルにもなっている。ヒューストンにある共学の私立高校へ進学。『天才マックスの世界』の舞台にもなった場所で、アンダーソン自身もジェイソン・シュワルツマン演じる主人公のように演劇部の脚本と演出を手掛けた。

高校を卒業するとテキサス大学オースティン校で哲学を学び、この大学で俳優のオーウェン・ウィルソンと出会い、映画の共同制作を始める。短編映画『Bottle Rocket』がジェームズ・L・ブルックス監督の目にとまり、劇場用にリメイクした『アンソニーのハッピー・モーテル』で長編映画の監督デビューを果たす。

2001年の『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』でアカデミー脚本賞にノミネートされるなど、「ハリウッドでもっとも次回作を期待されている監督のひとり」とされる。

2004年、ビル・マーレイ主演の『ライフ・アクアティック』を監督。2006年、アメリカン・エキスプレスのコマーシャルに出演。2007年、インドを舞台とした『ダージリン急行』がニューヨーク映画祭で上映される。2011年、ロアルド・ダールの小説にもとづくストップモーション・アニメーション映画『ファンタスティック Mr.FOX』を監督する。

2013年、『ムーンライズ・キングダム』がインディペンデント・スピリット賞にて監督賞や脚本賞にノミネートされる。同年、プラダのために短編映画『 カステロ・カヴァルカンティ(英語版)』を手がける。

2014年の『グランド・ブダペスト・ホテル』は、第64回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映され、銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞。脚本賞は、第80回ニューヨーク映画批評家協会賞、第18回トロント映画批評家協会賞にて受賞。第72回ゴールデングローブ賞、第87回アカデミー賞で監督賞にノミネート。ゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

2018年の『犬ヶ島』も、第68回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映され、銀熊賞 (監督賞)を受賞した[13]。

-R芸術

Copyright© R-NEWYORK.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.