R散歩

NEW YORK トライアスロン事情

更新日:

2年越しのNEW YORK NYTRI - New York Triathlon
Aug 3, 2014

1,New York Triathlon (NYTRI) とは
2,お金を払ってもすぐには出られない大会
3,準備の1年目
4,いよいよ2年目に大会出場
5,コース内容
6,トライアスロンとの付き合い方

New York Triathlon (NYTRI) とは、マンハッタンの超高層ビルを駆け抜ける都市型トライアスロン。2010年より開催されている。

 

ここニューヨークでも、お金持ちは当然の健康志向で、仕事前のジム、週末は愛犬の散歩ついでにランニングしている姿をよく見かける。セントラルパークなんかは間違いなく世界一ランナーが多い公園だ。

ウォール街のビジネスマンは、アクティブレストも世界一といったところだ。なんでも楽しんじゃっている。

2014年のエントリーは締め切っていたが、方法する方法が1つだけあった。早朝4時のボランティア。これにクリアすれば、翌年の出場権がもらえる。長い道のり。2年越しの大会となってしまった。

 

そして、2014年8月3日、大会当日。緊張しながらも朝2時に起床。SWIMのスタート地点の99th Street & Hudson Riverへ向かう。

黒人歌手によるアメリカ国家斉唱の後、SWIMスタート。1.5kmのハドソン川はお世辞にもきれいとは言えないが、下流への流れも手伝ってとても泳ぎやすいコースだった。

Rにとっては、SWIM後のBIKEが一番きつく、ブロンクスに向けての坂道がきつかった。朝方の雨の影響で落車してレスキューの人に運ばれている参加者も数名いて、少しびびりながらもなんとかTRANSITに戻ってこれた。

最後は晴れてきたセントラルパークを気持ちよく1周するRUN。途中の声援にも勇気づけられながら、クタクタになりがらもゴール。なんでこんな辛い大会に出ているのだろうと思いがながらも、いつもこの達成感が忘れられない。

 

Rのスタンスとして、2012年にトライアスロンで決めたことがある。楽しく80歳まではトライアスロンを続けていく。
2011年まで25mも泳げなかったRが、トライアスロンに魅了されている。人生と同じで、途中休憩する時期もあるだろう。でも、やめなければ終わることはない。生涯スポーツとしてゴルフもいいが、少し刺激があるエキササイズもいかがだろうか。
真のRの住人になるために。

 

最近、投資家のあいだでトライアスロンは流行りじゃの。
博士
Rの住人
バランス、予期しないことの連続。投資にそっくりですもんね。
わしも始めてみるかのー
博士
Rの住人
博士みたいにおじいちゃんになってもトライアスロンっていいっすね。
だれがおじいちゃんじゃ!!
博士

-R散歩

Copyright© R-NEWYORK.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.