R散歩

『本は知識を与え、人生は知恵を与える』

投稿日:

人が生きている限り奪うことのできないものがある。
それは「知識」である。

本は知識を与え、人生は知恵を与える

無知が支配するところでは、自分に英知があっても何の役にも立たない

知者が間違うときは、恐ろしいほど根本的に間違う

すべて金で買うことができるが、知性だけは買うことができない

殺気立つ熱意は、 かえって新しいことを学ぶのには邪魔になる。

理想のない教育は、未来のない現在と変わらない。

教師について学び、友に学ぶ仲間を得なさい。

人は20年間学ぶことができるが、2年で忘れることもできる。

多くの者は考えることをしたくないので、逃れるために本を読む

学習することは、一生涯の仕事だ。

頭の悪い奴ばかりいるところでは、頭の良さは何の役にも立たない。

知性だけで人々に愛されようとするのは砂漠で魚を捕らえようとするようなものだ。魚は水がなくなると死ぬが人は礼儀がなくなると死ぬ。

暇なときに学ぼう、などと言ってはならない。あなたが暇になることなどないであろう。

知識について
知識は水に似ている。高いところから低いところへ流れる。
人が生きている限り、奪うことが出来ないものがある。それは知識である。
耳と耳の間に、最大の資産がある。
あなたが知識を増やさないということは、実は知識を減らしていることになる。
知識は浅いとすぐ失われる。

勉強について

一日勉強しなければ、それを取り戻すのに二日かかる。

恥ずかしがる人は、よい生徒にはなれない。人はどん欲に学ばなければならない。

学んだことを復習するのは、覚えるためではない。何回も復習するうちに、新しい発見があるからだ。

1つの庭を手入れするほうが、多くの庭を持ってほったらかしにするよりはよい。1つの庭を持つ人は鳥を食べることができるが、多くの庭を持つ人は鳥に食べられてしまう。

最も大切な事は、学習ではなく、実行である。

学ぼうとする生徒は、恥ずかしがってはいけない。

知識は水に似ている。高いところから低いところへ流れる。

幅広い知識を持て。

本のない家は,魂を欠いた体のようなものだ。

知識は浅いとすぐ失われる。

出逢った人全てから、何かを学ぶ事が出来る人が世界中で一番賢い。

記憶を増進させるもっともよい薬は、感服することである。

学校のない町には人は住めない。

人が生きている限り、奪うことが出来ないものがある。それは知識である。

真に貧しい者としてとどまっているのは、知性のない者だけ。

自分より賢い者に負ける方が、自分より愚かな者に勝つよりも得だ。

賢い者は、自分が何を話しているのか知っており、愚かな者は、自分の知っている事を話す。

自分を知ることが最大の知恵である。

あなたが知識を増やさないということは、実は知識を減らしていることになる。

もし生活が貧しくて物を売らなければならないとしたら,まず金,宝石,家,土地を売りなさい.最後まで売ってはいけないのは本である。

学ぼうとする生徒は、恥ずかしがってはいけない。

教育について

子供は幼いときは厳しくしかり、大きくなったらしかるな。

幼い子供は厳しくしつけるべきだが、子供が怯えるようなことがあってはならな
い。

子供は、両親が家で話すことを街でしゃべる。

子供は、両親の話し方をまねる。性格はその話し方で解る。

自分のことだけ考えている人間は、自分である資格すらない。

豊かな人とは自分の持っているもので、満足できる人のことである。

人を賞賛できる人こそ、本当に誉れ高き人である。

もし本と洋服を同時に汚したら,まず本から拭きなさい
本のない家は,魂を欠いた体のようなものだ。

もし生活が貧しくて物を売らなければならないとしたら,まず金,宝石,家,土地を売りなさい.最後まで売ってはいけないのは本である。

旅の途中で故郷の町の人々が知らないような本に出会ったら,必ずその本を買い求め,故郷に持ち帰りなさい。

幸福に恵まれるために知恵はいらない。しかし、この幸福を活かすためには知恵がいる。

知者が間違うときは、恐ろしいほど根本的に間違う。

すべて金で買うことができるが、知性だけは買うことができない。

人間は、20年かかって覚えたことを、2年で忘れることができる。

無知が支配するところでは、自分に英知があっても何の役にも立たない。

真に貧しい者としてとどまっているのは、知性のない者だけ。

自分が相手と同じ立場に立ったことがないのなら、その相手を批判する資格はあなたにはない。

どんな質問でも、必ずしも答える価値があるとは限らない。

ヤギには前から近づかない。馬には後から近づかない。愚か者にはどの角度からも近づかない事だ。

貧乏だから正しく、金持ちだから間違っているとは限らない。

多くの者は考えたくないので、逃れるために本を読む。

どのように知識を極めた者でも、子どもから教わることは出来る。

理想のない教育は、未来のない現在と変わらない。

書籍について

本のない家は,魂を欠いた体のようなものだ。
もし、本と服を汚したら、まず本から拭きなさい。

もし生活が貧しくて物を売らなければならないとしたら、まず金、宝石、家、土地を売りなさい。最後まで売ってはいけないのは本である。

旅の途中で故郷の町の人々が知らないような本に出会ったら、必ずその本を買い求め、故郷に持ち帰りなさい。

あなたが知識を増やさないということは、実は知識を減らしていることになる。

一日勉強しなければ、それを取り戻すのに二日かかる。

-R散歩

Copyright© R-NEWYORK.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.